各種説明

マメルリハインコ

目名:オウム目

科名:インコ科

体長:平均12cm 体重:平均30g

解説:南アメリカ大陸のエクアドルの西部とペルーの北西部のみに分布し生息は、木々の疎らに生えた林や低木地、視界の開けた草原などにしています。

世界一小さいと言われる体の小さいインコですが、嘴は大きく顎の力は強いです。また普段は、静かですが、興奮すると耳障りのある甲高い声で鳴く事が知られています。

最近では、AGYと言う真菌を保持している個体が多いです。またAGYに限らず何らかの病気を持っている可能性もあるのでお迎えされた後に健康診断の受診をお勧めします。


サザナミインコ

目名:オウム目

科名:インコ科

体長:平均15cm 体重:40から60g

解説:南アメリカ、西パナマ、ベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア山岳地の涼しい森林地帯に生息する。

果物が大好きな個体が多く水浴びも大好きな個体が多い。

糞は、軟便。普段は、静かだが、呼び鳴きなどいったん鳴き出すと意外に大きな声である。動作は、ゆっくり。大型インコの小型版のような感じ。

2000メートルの山の上に住んでいるので、冬場でも寒さに強いが、暑さには弱い。

マメルリハインコ同様、お迎え後は、健康診断の受診をお勧めします。


アキクサインコ

目名:オウム目

科名:インコ科

体長:平均19cm 体重:40から60g

解説:オーストラリアの内陸部に分布しているインコです。

クサインコ類としては地味ながら、小柄で扱いやすく、おとなしく静かな性格が好まれ従来飼養されてきました。

マメルリハインコ・サザナミインコ同様、お迎え後は、健康診断の受診をお勧めします。